メニュー

上部内視鏡検査について

内視鏡検査は胃癌、大腸癌などの消化管癌や、逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の早期発見に欠かすことのできない検査です。


しかし、これまで痛く、苦しい検査であったと抵抗感をお持ちの方もいまだに多くいらっしゃいます。
当院では経験豊富な医師が内視鏡検査時に少量の鎮静剤、鎮痛剤を使用することで、できるだけ楽に検査を受けてもらい
「これであれば定期的に検査を受けたい」と思っていただけるように努力します。

当クリニックの胃カメラのポイント

  1. 鎮静剤を可能な限り使用した楽な胃カメラ
  2. 高精細なハイビジョン画質、拡大内視鏡の導入
  3. 内視鏡専門医による正確な診断
  4. 当日検査可能、電話予約可能

上部内視鏡検査(胃カメラ)とは

一般的に胃カメラとよばれるのは「上部消化管内視鏡検査」のことです。
スコープを口や鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸を観察します。症状を引き起こしている部位を観察し、病気があった場合、
癌が疑われる場合など必要に応じて胃の粘膜の一部を小さく採取し、組織検査を行うことが可能です。

当院の上部内視鏡(胃カメラ)の方針

当院では経口内視鏡と経鼻内視鏡を導入しております。両者にはメリット、デメリットがあり患者様の状態、検査目的によりどちらに
するか選択します。また、鎮静剤の使用など個々の患者様に対して検査方法の希望についてはできる限り細かく対応いたします。

鎮静剤を使った苦しくない胃カメラ

通常、「麻酔をかけた」と表現される方もおられますが、手術で行われる麻酔ではなく、経静脈的に投与する薬剤による鎮静となります。
鎮静剤を使用することにより、「検査が楽に受けれる」「嘔吐反射の軽減」というメリットがあります。しかし、鎮静剤には呼吸抑制作用があるため、心臓や肺疾患のある方、高齢の方には注意が必要です。また、人によっては眠くなる場合があり、その日は車の運転ができません。また、鎮静剤を使用できない方や注意を要する患者様もおられるため、希望される方は診察時に相談ください。

胃カメラ検査の流れ

  1. 検査の前日
    • 検査前日の夕食は遅くとも19時までには済ませるようにしてください。
    • 21時以降は水分、薬剤内服のみにしてください
  2. 検査当日
    • 当日は朝食をとらずに来院してください。少量の水分摂取は可能です。
    • 服用している薬がある方は、血圧、喘息、てんかん、不整脈の薬などは内服していただきます。 (詳細は診察時に説明します)
  3. 検査前の準備                                                            来院後、胃の中の泡や粘液を消すお薬を内服後、のどの麻酔を施行します。 
  4. 希望される方には鎮静剤を使用し、検査を開始します。検査中は生体モニターで血圧、脈拍、血中酸素濃度を監視しながら検査を行います。
  5. 検査終了後、静脈麻酔を受けられた方は麻酔がさめるまで、リカバリールームにて30分程度安静にして頂きます。また、検査終了後は1時間は飲食を控えてください。

このような症状の方に胃カメラ検査をおすすめします。

  • 上腹部の痛み
  • 胸やけのある方
  • 黒い便が出る
  • バリウムによる胃の検査で異常を指摘された
  • ピロリ菌がいると言われた方
  • 肝硬変と診断されている
  • 食思不振が続く方
胃カメラは以下のような病気の診断に有効です
  • 胃がん
  • 食道がん
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 慢性胃炎
  • 胃ポリープ
  • 逆流性食道炎 

 

胃カメラ検査の費用

下記の費用のほか、薬剤料や注射料などの実費が別途かかります。

内視鏡検査費用 3割負担 1割負担
胃カメラ( 観察のみ) 約5,000円 約2,000円
胃カメラ + 生検 約9,000円~14,000円 約3,000円~5,000円

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME