メニュー

下部内視鏡検査について

大腸カメラ検査(下部内視鏡検査)とは

大腸カメラとは、肛門から内視鏡を挿入して大腸の内部を観察するのに使われます。
ハイビジョンで映し出される画像は非常に鮮明であり、CTやレントゲンなど他の検査では指摘できなかった病変や大腸粘膜の色調変化、隆起をとらえることができるため、小さなポリープの発見も可能です。

腸内に病変が見つかった場合は組織を採取し、病理検査を行います。
また、切除可能なポリープが見つかった場合、当クリニックでは検査時に切除を行います。

大腸内をくまなく観察するためには送気をして腸を膨らませる必要がありますが 当院では吸収が早いCO2を使用し、腹部膨満感を和らげる努力をしております。希望により、鎮痛、鎮静剤を使用し、最大限苦痛のないように検査を行います。

大腸検査のながれ

  1. 検査前には一度診察を受けていただき、注意事項、薬の服用について説明します。
  2. 検査前日の昼食、夕食は消化のいい食事をとってください。
     
    繊維質の多い生野菜、海藻、こんにゃくは避けてください。就寝前に下剤を服用してください
  3. 検査当日は午前9時から腸管洗浄液を服用してください。2時間程度かけて服用していただきます。
  4. 下剤を飲み始めて1時間で排便が始まります。その後5-8回の排便があります。透明な薄い黄色になれば準備完了です。
  5. 希望される方には十分な鎮静剤を投与し、大腸全体を観察し、ポリープなどあれば切除します。
  6. 終了後はリカバリー室で休んでいただきます。


このような症状の場合大腸カメラをお勧めします。

  • 便に血が混じる
  • 下痢、便秘など便通異常
  • 人間ドック、検診で便潜血陽性を指摘された
  • 大腸ポリープ、大腸がんを治療したことがある
  • 貧血
  • 腹痛、腹部膨満感

大腸カメラは以下のような病気の診断に有効です。

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
  • 大腸憩室症
  • 虚血性腸炎

当院の大腸内視鏡検査のポイント

  1. 前処置からリカバリー(回復)までクリニックで行うことができる 
    通常、前処置(腸内をきれいにする洗腸液を内服すること)は自宅で行う場合が多いですが希望に応じて前処置から当院で施行することが可能です。検査終了後は、パーテイションに仕切られた個別のリクライニングシートで休んでいただきます。
  2. 胃カメラ、大腸カメラ同時検査も対応
    忙しい患者様の時間的、身体的負担を考慮して、当院では胃カメラ、大腸カメラを同時に行うことが可能です。希望される方は診察時に相談ください。
  3. 高精度で正確な診断が可能なハイビジョン・拡大内視鏡を導入しています。
    当院では通常の観察に加えて特殊光観察やズームにて病変を詳細に観察できる拡大内視鏡を導入しており、大腸ポリープや大腸がんなどを発見しやすくなっております。

大腸カメラ検査の費用

内視鏡検査費用 3割負担 1割負担
大腸カメラ( 観察のみ) 約5,000円 約1,700円
大腸カメラ + 生検 約9,000円~14,000円 約3,000円~5,000円
大腸カメラ + ポリープ切除 約20,000円~27,000円 約7,000円~ 10,000円

※薬剤料や注射料などの実費が別途かかります。

※病理の個数などにより費用が異なります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME